ペットボトル紅茶(午後の紅茶)

わたしは大の紅茶好きです。
コーヒーが自慢の喫茶店でも必ず紅茶を注文します。

 

そんなわけでペットボトルの紅茶というと、甘いだけで紅茶の香りも味もあったものではないと、心中かなりバカにしていたのです。

 

しかし、最近のペットボトル紅茶は、なかなか侮りがたいですね。
ホットの午後の紅茶なんて、かなり美味しくなりました。

 

サイズもちょうど良くて、ちょっとした暖がほしくなるこの季節は、ついついお世話になってしまいます。

 

スポンサーリンク


売り場で手が伸びたり引っ込んだり「キリン格別シリーズ」

今日まで、各飲料メーカーが様々な工夫や趣向を凝らして、缶ジュースやペットボトル飲料を市場に投入してきました。

 

そんな中2014年11月には、キリンから「格別」という売り場でもちょっと目を引くような新商品が発売されました。

 

発売後すぐ実際にこの目で見てみようと、飲料大好きなワタクシは早速売り場へと向かったのです。

 

ちょうど売り場でも専用のコーナーが作られ、キラキラしたその姿は、他の飲料を見下ろすように鎮座していました。

 

希少や黄金などというネーミングに目を引かれ、手にとって見ると「税抜き200円」の文字も気になって仕方がありません。

 

そのような感じで手を伸ばしたり、価格を見ては手を引っ込めたりの繰り返しになってしまいました。

 

結局お茶を購入したのですが、いつもより「200円分味の濃い」お茶を堪能することが出来ました。