自動販売機設置のメリット・デメリット

自動販売機設置のメリット・デメリット記事一覧

自動販売機に遭遇せずに街を歩く、というのは現代日本では不可能に近いと言えるでしょう。日本中に500万台ほど設置されていると言われており、家を出てから目的地へ辿り着くまでに何台もの自動販売機に遭遇するもかと思われます。普段は特に気にしなくても、ちょっと喉が渇いた時にあると便利な自動販売機は人通りの多い場所に設置できれば大きな収入源となりそうです。

自動販売機が家の前にあったら、という妄想を子供の頃にした事のある方は少なくないでしょう。現実にはいくら家の前に自動販売機を設置しても、飲むためにはお金を払わなければならないため、そこまで魅力的なものでないかもしれません。家にストックしておくならセールで同種の商品が購入できますし、自動販売機が目の前にあるというだけではメリットになりにくいでしょう。

自動販売機を設置する場合、当然ながらそのメリットを目的とするわけですが、デメリットについても考える必要があります。自動販売機で夢の副収入生活と、取らぬ狸の皮算用をしていませんか。確かに成功すれば収入を増やしてくれる自動販売機ですが、反面デメリットが存在していることを忘れてはいけません。

自動販売機を設置することで得られる利益に関してはどのような方法で設置するのかによっても変わってきます。これは非常に重要な点になりますのでしっかりと把握しておきましょう。まず、自動販売機を自分で購入し、商品も自分で仕入れるという場合です。


page top