自動販売機を設置するメリットとデメリット

自動販売機を設置する場合、当然ながらそのメリットを目的とするわけですが、デメリットについても考える必要があります。

 

自動販売機で夢の副収入生活と、取らぬ狸の皮算用をしていませんか。

 

確かに成功すれば収入を増やしてくれる自動販売機ですが、反面デメリットが存在していることを忘れてはいけません。

スポンサーリンク


利益を得るためにはリスクを冒さなければならず、のんびり左うちわで自動販売機の稼ぎを待つ訳にはいきません。

 

さて、繁華街へ行けば必ず目にする自動販売機ですが、副業として個人運営も可能です。

 

種類は限られてきますが、手軽なもので言えば飲料系があげられます。

 

需要はかなり高く、よほどへき地に自動販売機を設置しなければ、一定の売上が期待できそうです。

 

とは言え、自動販売機を稼働させるためにかかる電気代を差し引くと、ある程度のノルマが出てきます。

 

自動販売機の普及率が世界一と言われるほどの日本ですが、それでも保安面での不安は完全には消えないでしょう。

 

自分の土地に設置したとしても、深夜は人の目から離れるため完全に無防備な状態です。

 

もしもの時の事を考えると、自動販売機の売上はこまめに回収した方が良いのかもしれません。

 

屋外放置のリスクは窃盗だけでなく、汚染や破損も気になるところです。

 

中古で手に入れた自動販売機でも数十万円、新品なら100万円ほどすると言われます。

 

自動販売機の設置をパートナー業者に依頼するメリット

設置してあとは自動販売機の名の通り自動で商品を売ってもらう、とはいかず定期的なメンテナンスが求められるでしょう。

 

たくさんの稼ぎを期待するなら頻繁に商品の補充をしなければなりませんし、自動販売機は何かと手が掛かります。

 

こうしたデメリットは自動販売機からの収入というメリットに対して発生するため、考え方を変えれば減らす事も可能です。

 

自動販売機のメリット、つまり収入は減ってしまうものの手間やリスクと言ったデメリットを大幅に減らす方法があります。

 

自動販売機の設置業者というものがあり、ここに委託する事で商品の補充から管理メンテナンスまで一手に引き受けてもらえます。

 

また自動販売機を用意する必要もなくなり、かかる費用が月々の電気代だけになります。

 

もちろん、この場合には新たなデメリットとして収入減が気になります。

 

とは言え設置した自動販売機で毎月安定して稼げるようなら、総合的に見て大きな利益を生み出す可能性があります。

 

月に数千円かかる自動販売機の電気代を差し引くと、一本あたり数十円の手数料が収入になる事を計算して数百本がノルマとなるでしょうか。

 

具体的な数値は契約内容で変わってくるため、曖昧になってしまいます。

 

下記のサイトで無料相談できますので、気になる点はどんどん質問してみましょう。

自動販売機を設置するメリットとデメリット関連ページ

自動販売機を設置する手順
自動販売機の設置はそれほど難しい話ではないので、始めようと思えば誰でも始める事ができます。
家の前に自動販売機を設置するということ
自分の家の前に設置されている自動販売機の売上が収入になるとしたらどうでしょうか。
自動販売機の売り上げの分配の仕組み
メーカーに依頼して自動販売機を設置してもらい、商品の仕入れやメンテナンス等も代行してもらう場合は売上の分配も変わってきます。