自動販売機の売り上げの分配の仕組み

自動販売機を設置することで得られる利益に関してはどのような方法で設置するのかによっても変わってきます。

 

これは非常に重要な点になりますのでしっかりと把握しておきましょう。

 

まず、自動販売機を自分で購入し、商品も自分で仕入れるという場合です。

スポンサーリンク


この場合はすべてを自分で行うことになりますので、売上に関してもすべて自分のものになります。

 

その分自動販売機の購入費用や仕入れにかかる費用が発生しますが、うまく売ることができれば利益もすべて自分のものとなるため大きな収入源として期待できるでしょう。

 

販売する商品のラインナップも自分で自由に設定できますし、販売価格も決められるため自由度も高くなります。

 

ただし、自分の手腕が直接売上に影響するとも言えますので場合によっては赤字になってしまうリスクも抱えています。

 

どちらにもメリット・デメリットがある

メーカーやパートナー業者に依頼して自動販売機を設置してもらい、商品の仕入れやメンテナンス等も代行してもらう場合は売上の分配も変わってきます。

 

この方法の場合、一般的には電気代とマージンがこちらが負担する費用になり、これらを差し引いたものがこちらの利益となります。

 

毎月マージンが発生するものの、自動販売機を購入するための費用はかからず、面倒な作業などもメーカーにやってもらえるためこちらとしては何もしなくても一定の収入が得られることになります。

 

また、メーカーに依頼する場合もメーカーによって対応が違い、仕入れ費用だけを負担すればいい場合などもあります。

 

この場合は自動販売機の売上そのものはすべてこちらの利益となります。

 

細かい点でメーカーごとに違っていたりしますので、事前によく話し合っておくことも大切です。

 

売上の分配がどうなっているのか、この点は収入に直結する重要な要素となりますのでどのような方法で自動販売機を設置するのかはよく考えなければいけません。

 

自分で購入する場合は購入費用分を売り上げるまでは利益がほとんどないと言えますし、メーカーに頼んだ場合は初期費用は少ないものの毎月一定のマージンが発生します。

 

どちらがいいのかをよく比較・検討しておきましょう。

自動販売機の売り上げの分配の仕組み関連ページ

自動販売機を設置する手順
自動販売機の設置はそれほど難しい話ではないので、始めようと思えば誰でも始める事ができます。
家の前に自動販売機を設置するということ
自分の家の前に設置されている自動販売機の売上が収入になるとしたらどうでしょうか。
自動販売機を設置するメリットとデメリット
自動販売機を設置する場合、当然ながらそのメリットを目的とするわけですが、デメリットに付いても考える必要はありますね。自動販売機で夢の副収入生活と、取らぬ狸の皮算用をしていませんか。