自動販売機を設置する手順

自動販売機に遭遇せずに街を歩く、というのは現代日本では不可能に近いと言えるでしょう。

 

日本中に500万台ほど設置されていると言われており、家を出てから目的地へ辿り着くまでに何台もの自動販売機に遭遇するもかと思われます。

 

普段は特に気にしなくても、ちょっと喉が渇いた時にあると便利な自動販売機は人通りの多い場所に設置できれば大きな収入源となりそうです。

スポンサーリンク


たとえば人の流れが多い駅などは、年間で何千万円もの売上が記録されるという話です。

 

そこまでの売上は期待しなくても、副収入として自動販売機を活用できればと考えている方は少なくないでしょう。

 

完全な不労所得ですし、莫大な売上を夢見る事もできます。

 

ただ、いざ自動販売機を設置しようとしても何をどうすれば良いのでしょう。

 

自動販売機の設置はそれほど難しい話ではないので、始めようと思えば誰でも始める事ができます。

 

しかし、気になる事と言えば、やはり費用や投資額、つまりお金ではないでしょうか。

 

自動販売機本体は見るからに高価そうですし、商品となるドリンクも、売るためには大量に補充しなければなりません。

 

始めやすいのが魅力の自販機設置の副業

実は、自動販売機を設置するにあたって特に費用はかからないのです。

 

もちろん設置した時に必要となる電気代は支払わなければなりませんが、それ以外にリース代やら保証金やらは必要ないため気軽に自動販売機の設置ができます。

 

要するに、電気代さえクリアしてしまえばあとはすべて収入となります。

 

しかし、実際に入ってくる額は設置した自動販売機で稼いだ売上の何パーセントと決められているため、ある程度の本数を売らなければなりません。

 

ただ設置するばかりでなく、ちゃんと人が買ってくれる場所かという事も自動販売機での収入を目指す上では欠かせないのです。

 

自動販売機の設置方法には幾つかあり、先に紹介したのはほんの一例です。

 

契約の種類が異なるため一概には言えませんが、設置する場所にあった契約をする事で自動販売機からの大きな収入を目指しましょう。

 

自動販売機の設置をサポートしてくれる企業が幾つかあるため、この中から相性の良いところを選ぶ必要があります。

 

ただ無料で設置できるからという理由だけで導入しても、自動販売機の運転に必要な電気代ばかりがかかってしまい赤字になってしまいます。

 

自動販売機にかかる電気代は商品によるのですが、少なくとも数千円はかかるため赤字は避けたいところですね。

 

自販機の設置相談サイト【自動販売機お問い合わせ.com】では、自動販売機設置の例が簡単にチェックできるので、参考にしてみる事をお勧めします。

自動販売機を設置する手順関連ページ

家の前に自動販売機を設置するということ
自分の家の前に設置されている自動販売機の売上が収入になるとしたらどうでしょうか。
自動販売機を設置するメリットとデメリット
自動販売機を設置する場合、当然ながらそのメリットを目的とするわけですが、デメリットに付いても考える必要はありますね。自動販売機で夢の副収入生活と、取らぬ狸の皮算用をしていませんか。
自動販売機の売り上げの分配の仕組み
メーカーに依頼して自動販売機を設置してもらい、商品の仕入れやメンテナンス等も代行してもらう場合は売上の分配も変わってきます。