自動販売機を設置したい時はどこに頼むの?

副業として自動販売機を設置したい場合、自動販売機はどこに頼んで入手すればいいのでしょうか。

 

普段あまり気にすることのない点ですからわからない方がほとんどでしょう。

 

自動販売機を設置するにはいくつかの方法があります。

スポンサーリンク


たとえば、飲み物の自動販売機を設置したいという場合は、各飲料メーカーに頼むという方法があります。

 

この場合は飲料メーカーが自動販売機を持ってきてくれ、本体購入費用も基本的にかかりません。

 

こちらが負担するのは電気代、仕入れの費用だけとなります。

 

飲料メーカーとしては仕入れをしてもらえば利益が出ますし、自動販売機が売り上げた分に関してはこちらがすべて受け取ることができます。

 

設置に関しても飲料メーカーがやってくれますから非常に楽な方法と言え、電気代、そして仕入れにかかる費用さえ売り上げることができれば少なくても赤字になることはありません。

 

自分で購入することもできる自動販売機

この他の方法として、自分で自動販売機を購入するという方法もあります。

 

自動販売機を販売している業者というのがあり、そこに頼むことになるわけですがこの場合は初期費用として本体購入代金が必要になります。

 

値段は業者や新品か中古かによっても変わりますが、30万円ほどはかかると考えておくべきでしょう。

 

また、タバコを売る場合は少し特殊で、自分で販売するためには免許を取得する必要があります。

 

免許を取得しない場合はタバコ屋さんなどに依頼して自動販売機を設置してもらい、売上を折半するなどの方法が一般的です。

 

ただし、免許に関しては必ず取得できるとは限らず、タバコ屋さんに設置してもらうにしても条件の面で折り合いがつくとは限りません。

 

飲み物を売る場合と比較すると手間がかかり儲けも少なくなってしまう可能性がありますが、タバコの方が1つの値段が高いので必ずしも儲けが少ないとは言えません。

 

基本的に自動販売機はメーカーに設置してもらうか購入するかのどちらかになります。

 

自分にとってどちらの方法がいいのかをしっかり考えることが大切です。

自動販売機を設置したい時はどこに頼むの?関連ページ

ネットで自動販売機を設置する時の注意点
現在では自動販売機をネットを利用して設置することが可能になっています。自動販売機を設置する前に確認しておくべき注意点をいくつか紹介します。
自動販売機を設置できる商品の種類
自動販売機で売っているものというと、多くの方は飲み物をイメージすると思いますが、日本にはまだまだたくさんの自動販売機が存在します。
自動販売機を設置する場所
人通りの多い場所に人気の自動販売機を設置すると、多額の収益を出す事だって可能です。それでは田舎道に自動販売機を設置するメリットは少ないの でしょうか?
自動販売機を設置する場所は私有地?設置場所の注意点
自動販売機を設置する場合、その設置場所は売上を左右する非常に重要な要素になるわけですが、どこに設置してもいいというわけではありません。
自動販売機を設置する場所ベスト3
自動販売機を設置する場所として優れているのはどういったところなのでしょうか。ここではランキング形式で紹介していきます。
災害対応型の自動販売機とは
自動販売機の目的は飲料を入手する事にあり、災害対応型自動販売機は災害等の緊急時においてお金の持ち合わせがない時に無料でドリンクが取り出せるようになっています。