道端に設置された自動販売機

外を歩けば必ず目にするものといえば、そう自動販売機です。

 

日本中に500万台ほど設置されており、人口に対する自動販売機の台数は堂々の世界一です。

 

第一の理由としては、外国に比べての治安の良さがあります。

スポンサーリンク


近頃は物騒な事件が増えたとは言っても、外に自動販売機を無防備に設置することが憚られる国とは危険のレベルが異なります。

 

夜間になると人通りの消えてしまうような道に設置されていても、その自動販売機はさながら街灯としての役割を果たしています。

 

そしてもう一つ、これだけ多くの自動販売機が普及している背景には無料で貸出をするシステムが確立されている点が挙げられるでしょう。

 

自動販売機の無料貸出をするシステムは、一般人でも利用できるため積極的に活用している方が多くいます。

 

設置場所と契約の種類によってはかなりの収益が見込めます。

 

元々は小売のために用意されたシステムですが、副収入を得るための手段として自動販売機が密かに注目されています。

 

店の前に用意されている自動販売機は、恐らくはその店が何らかの手段で用意したものでしょう。

 

しかし道端、とりわけ私有地に設置されている自動販売機は誰かが用意した可能性があります。

 

副業に最適な自販機の種類とは

副業として始めやすい自動販売機の設置と言うと、ジュース等の飲料系が中心になります。

 

たばこや酒などの自動販売機もよく見ますが、これらは設置するにあたり許可が必要となります。

 

清涼飲料には特別な許可申請が求められていないため、簡単に導入できるのです。

 

考えてみると、何もないような道端にはたばこの自動販売機は設置されていませんね。

 

自動販売機で清涼飲料を売るとしても、ちゃんとニーズに合った商品を選ばなければ電気代を消費するだけです。

 

仕入れを自分で行う場合には、不良在庫の問題も出てきてしまいます。

 

賞味期限がある以上、一度自動販売機に入れた商品をそのまま売り切れるまで粘るという事はできません。

 

何のために自動販売機を設置するかはともかくとして、赤字は出来るだけ出したくないものですし、収入が見込める以上、黒字を出したいと考えるのは当然です。

 

ただ人気の飲料を選べば良いという話ではなく、自動販売機が設置される場所にどんな人が来るかを把握しておかなければなりません。

 

子どもならジュース系を、大人ならコーヒーといった選択肢がありますね。

 

自動販売機でどんな飲料が売れているのか、ニーズはどうかといった情報は収集しておくことが重要です。

道端に設置された自動販売機関連ページ

自動販売機の設置・所有にかかる経費について
自動販売機を稼働させるためには電気が必要で、365日24時間常に稼働させておくものですからそれなりの電気代がかかってしまいます。
自動販売機の設置とトラブルの種類
自動販売機を設置する場合、トラブルに遭う可能性もあります。まず、代表的なトラブルにはやはり盗難被害が挙げられます。
自動販売機設置の防犯対策について
自動販売機を設置する際には防犯対策も万全にしておく必要があります。でなければせっかくの売上を失ってしまったり、自動販売機が破損してしまったりするからです。