自動販売機の設置とトラブルの種類

自動販売機を設置する場合、トラブルに遭う可能性もあります。

 

では、どのようなトラブルが考えられるのでしょうか。

 

まず、代表的なトラブルにはやはり盗難被害が挙げられます。

スポンサーリンク


自動販売機を破壊するなどして中の商品やお金を盗まれてしまうケースです。

 

大切な売上を失ってしまうのはもちろん、多くの場合自動販売機そのものもダメージを受けてしまうので修理費用などがかかってしまう恐れがあり、自動販売機を設置するうえではもっとも頭を悩ませるトラブルだと言えます。

 

盗難などに遭わないよう、十分な防犯対策が求められます。

 

もっと単純にイタズラされてしまうこともあります。

 

自動販売機に落書きをされてしまったり、お釣りや商品の取り出し口に何かを入れられてしまったりなどです。

 

売上に直接被害があるわけではありませんが、こうしたイタズラによって今後の売上が減ってしまう可能性があり、厄介なトラブルであることは変わりありません。

 

こうしたトラブルもやはり防犯対策が重要になってきます。

 

注意したい近隣とのトラブル

ご近所トラブルも考えられます。

 

設置場所が隣の家と近い場合は邪魔だと言われてしまうこともありますし、隣の家の敷地にはみ出してしまっているというケースもあります。

 

自動販売機で飲み物などを購入すると商品が出てくる時に大きな音がしますので、深夜などは騒音として捉えられてしまう場合も少なくありません。

 

自動販売機は夜間は光も発していますので、音と同様に光もトラブルの原因になる可能性があります。

 

このように、自動販売機は設置することで手軽に利益を出せる優秀な副業ではありますがトラブルの原因も多く抱えています。

 

設置する際にはどのようなトラブルが考えられるのか、そのトラブルを回避するためにはどうすればいいのかを慎重に判断する必要があります。

 

自動販売機を設置する時というのはどうしても設置場所や販売する商品の種類などに意識が向いてしまいますが、トラブル対策も非常に重要な要素となります。

自動販売機の設置とトラブルの種類関連ページ

自動販売機の設置・所有にかかる経費について
自動販売機を稼働させるためには電気が必要で、365日24時間常に稼働させておくものですからそれなりの電気代がかかってしまいます。
道端に設置された自動販売機
自動販売機で清涼飲料を売るとしても、ちゃんとニーズに合った商品を選ばなければ電気代を消費するだけです。仕入れを自分で行う場合には、不良在庫の問題も出てきてしまいます。
自動販売機設置の防犯対策について
自動販売機を設置する際には防犯対策も万全にしておく必要があります。でなければせっかくの売上を失ってしまったり、自動販売機が破損してしまったりするからです。